旅行のお役立ち情報

ガイドブックや電車乗り換えアプリの「予測時間」はアテにしちゃダメ。

皆さんこんばんは、蜜柑です。

このブログでも、たびたび「旅行のスケジュールを組む時はガイドブックを参考にするといいよ」って言ってますが、ガイドブックの予測時間はアテにしてはいけません。

同じように乗り換え案内アプリなどの乗り換え時間もアテにしてはいけません。

お母さんの「お年玉は預かっておくね」ぐらいアテにしてはだめです。

だって、そんなに早く移動できないもん。

ガイドブックや電車乗り換えアプリの「予測時間」はアテにしちゃダメ。

徒歩5分?嘘つけ

旅行用のガイドブックには、観光地のモデルコースが特集されています。

駅からスタートして、これに乗ってここを観て、ここでこれを食べて・・・・みたいなものです。

どこを観光しようか迷っている場合に非常に役に立ちます。が、移動時間だけはどうにもアテに出来ないフシがあります。

今まで行ったどの観光地でも、そんな時間通りにたどり着いた試しがない!

なぜか?

・大体迷う

大体の場合で道に迷います。そもそも初めて歩くような慣れていない道で迷うなって言う方が難しい。

・坂があったりする

結構、急でキツイやないかーい!!

実際、先日に行った仙台市博物館から仙台城跡まで徒歩5分と書いてありましたが、ものすごい坂道で15分から20分ぐらいかかりました。

観光巡回バスが通ると「乗せてぇぇぇぇぇぇ」と叫びました。心の中で。

などなど、基本一人旅で自由に行動できる僕でも、時間通りに行動できた試しが無い。

もし、集団で旅行にいった場合、絶対無理だと思います。

 

乗り換え5分?無茶言うな

乗り換え案内アプリを使ったときも「新幹線への乗り換え5分」とか出てきます。

いやいやちょっと待てと、初めて行く大きな駅で新幹線への乗り換え5分?

新幹線ならまだ分かりやすいかもしれませんが、東京で地下鉄への乗り換え5分と言われると絶望的です。どこまで地下に降りるんだと思うくらい長い道のりを歩くときがあります。

 

モデルケースの徒歩時間はアテにするな!

というわけで僕はいつも乗り換えなどの時間は15分をみています。

もちろんこれは、僕が一人旅に行くときの場合なので、同行者がいる場合はもっと時間をとる場合もあります。

こどもやお年寄りがいたら、もっと長い時間をみますし、場合によってはバスやタクシーも候補に入れるでしょう。

ガイドブックは大変役に立つものですが、おそらく作っている人たちはその場になれた人たちなんでしょう。そのため、中々無茶な移動時間を組んでしまうのだと思います。

旅行に来てドタバタしたくはありませんよね。あなたが旅行のスケジュールを組む時は時間に余裕を持ってスケジュールを組んでください。

ここまで読んでくださってありがとうございました。