電車

電車に乗って旅にでよう 電車の乗り方を解説します! 

皆さんこんばんは、蜜柑です。

今回は、「電車」の乗り方や切符の買いかたを解説したいと思います。

電車に乗れれば、行動できる範囲が一気に広がりますから、ぜひ旅の第一歩に役立ててください。

電車の乗り方を解説

 

1・自宅の最寄り駅、目的地の最寄り駅を調べる

まずは、自分の家に一番近い駅を調べましょう。

GoogleMapなどネットで調べるか、おうちの人に聞いてみてください。

車や自転車などで移動する場合は、電車に乗る予定の駅を調べてください。

 

目的地の最寄り駅も調べておきましょう。(観光する場所・ホテルなど)

ホームページや観光ガイドブックのアクセスの項目に乗っています。

 

最寄り駅が2つ以上ある場合はどっちをえらんだらいいの?

その場合は、特急などが停まる大きな駅を選びましょう。

大きな駅の駅前にはタクシー乗り場や、バス乗り場もありますので色々便利です。

 

2・出発時間や乗り換え等を調べる

スマホのアプリや、ネットの乗り換え案内サービスを使って調べましょう。

GoogleやYahoo!で「電車 乗り換え」と検索すると出てきます。

Yahoo!乗り換えhttps://transit.yahoo.co.jp/

ジョルダンhttps://www.jorudan.co.jp/norikae/

ナビタイムhttps://www.navitime.co.jp/transfer/

僕は、ジョルダンのアプリを使っています。

出発の欄に電車に乗る駅名を入力して、到着の欄に電車を降りる駅名を入力します。

日付と時間を入力するのですが、「出発する時間」より「到着する時間」を入力した方が分かりやすいです。

なので、タブを到着タブにセットし、日付を入力して、「自分が降りる駅に到着していたい時間」を入力します。

最後に検索を押せば結果が表示されます。

この検索結果だと、10時までに名古屋に到着するには、豊橋駅を9時13分発の新幹線に乗れば9時43分に到着します。と検索されました。

もし、他の検索結果が見たければ「一覧タブ」の2~4をタップすれば他の検索結果が表示されます。

(新幹線を使わないとか、JRじゃなくて他の路線をつかうとか)

ここまで、出かける前日までに調べておきましょう。

3・駅に行く

当日、駅に向かいます。

電車はバスと違ってほぼ時刻通りに出発します。

必ず出発時刻の15~10分前ぐらいには駅に到着しましょう。

 

大きな駅には沢山の路線が入っています。

自分が乗る路線の自動改札機を探してください。

例えば名古屋駅にはJR・名鉄・地下鉄各路線など沢山の路線があります。

切符はその路線のものしか買えませんので、間違えないよう確認しましょう。

(特に大阪の梅田駅や東京の新宿駅は迷宮と呼ばれるほど複雑です)

 

駅についたら、自動券売機で乗車券を買います。

券売機の上、もしくは近くに駅の名前と数字が書かれた路線図があります。

今、自分がいる駅の名前と、降りる駅(乗り換える駅)の名前を探してください。

降りる駅に書いてある数字が料金になります。

乗り換える場合は、さらに乗り換える駅から、降りる駅までの料金がかかります。

料金を確認したら、券売機に向かいます(並びます)

券売機に料金以上のお金を入れると、画面の料金のボタンが光ります。

さっき確認した料金のボタンを押します。

切符とおつりが出てくるので忘れずに取ってください。

 

自動券売機を使わず、みどりの窓口など職員さんに切符を売ってもらうこともできます。

分からなくなってしまったら、聞いてみましょう。

だだし、みどりの窓口は休日はすっごい混んでいるので、券売機を使った方が楽です。

 

4・電車に乗ろう

切符を買ったら自動改札機を通ります。

自動改札機には「一方通行」のものや「Suicaなど専用」のものがあります。

よく確認して自動改札機の中に切符を入れます。

反対側で切符が出てくるので、忘れずに取って財布の中などに保管してください。

駅の構内に入ったら、目的地方面の電車のホームに向かいます。

駅では上↑のように○○方面は□番線と表記されています。

そのため、目的地の方面をあらかじめ調べておきましょう。

駅の中には料金を調べた時の路線図がありますので、確認してください。

分からなくなってしまったら、駅員さんに聞きましょう。

このとき、自分が降りる駅の名前を確認しておいてください。

電車の中で役に立ちます。

 

5・駅のホームについたら、黄色い線の内側で並んで待ちましょう

駅の電光掲示板や放送で、「何番乗り場でお待ちください」みたいな案内があるので、待ちましょう。

電車が到着しました

電車が到着したら、降りる人が先です。道を開けて降りる人がおり終わるのを待ってください。

駅のホームと電車の間には隙間があります。足を引っかけないよう気を付けて。

電車に乗ったら、席に座るか、しっかりとつかまって立っていましょう。

荷物は網棚の上か、ひざの上に置きましょう。スマホで通話や音を出すことはマナー違反です。やめましょう。

しばらく乗っていると、降りる駅に近づいてきます。

「次は~○○駅~」と駅に着くたびにアナウンスが流れるのでよく聞いておきましょう。

 

6・駅に着いたら

降りる駅についたら、電車から降ります。

慌てなくても大丈夫、電車が停まってから立ち上がっても十分間に合います。

ホームから改札に移動し、自動改札機に切符を入れて改札を出ます。

帰りも同じように切符を買ってください。

だだし、帰りの○○方面は反対になります。注意してください。

 

意外と長くなっちゃった。

電車は簡単に乗れて、あなたの行動できる距離を広げてくれます。

ちょっと冒険に出てみませんか?

ここまで読んでくださってありがとうございました。