一人旅レポート PR

「京都一人旅」レンタサイクルで巡る京都の旅 金閣寺から清水寺へ 夜の伏見稲荷大社に行く 

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

皆さん今晩は、蜜柑です。

京都に一人旅に行ってきました。

日程は2泊3日。

今回はレンタサイクルを借りて、京都の街を回ってみました。

実は前回、電動自転車をレンタルして失敗しまして、今回もどうするか迷ったのですが、京都は平坦な土地が多いこと。
電動じゃなけりゃ大丈夫だろうという理由から、レンタサイクルにもう一度チャレンジしてみようと思いました。

レンタサイクルを借りてみた感想と結果

レンタサイクルを利用するときの注意点

・車、歩行者に注意

・視界の悪い四辻が多いので一時停止は厳守

・体力を使うので休みながら余裕をもって

・雨対策にカッパ、レインコートなど

・道に迷う前にこまめに停車して、現在位置を確認

京都はほぼ平坦な土地で、レンタサイクルが普及しているのできっと大丈夫!

という見込みは正しかった。

しかし、やっぱり疲れます。特に金閣寺から清水寺に移動したのは大変でした。

あとは安全性。

観光地なので車も多い、人も多い。

裏道の交通量は少ないけど、一時停止が多く、飛び出してくることもあるので危ないなぁと感じることもありました。

歩道に自転車専用レーンが作られていたりと、走りやすいように整備されているところもありました。

レンタサイクルは交通手段の選択肢としてありだとおもいます。


バスは平日でもたくさん人が乗車していましたし、タクシーやレンタカーだと交通量が多く時間や料金がかかる、自家用車やレンタカーの場合は駐車場の問題(料金がかかる。近くにない)などの問題があるので、

体力に自信があったり、京都の中心に近い観光地のみ回るといった予定ならレンタサイクルを借りてみるのも選択肢に入れてみてください。

京都までは新幹線で スマートEXを利用してグリーン車初体験!

京都までは新幹線で移動することにしました。

スマートEXを利用して、お得な料金でグリーン車に乗れることに!

生まれて初めて(たぶん)のグリーン車でした。

スマートEXの予約方法などはこちらの記事を参考にしてください。

「画像で解説」スマートEXの早特はどこ?わかりづらかったので、画像付きで解説しました。 お得な料金で新幹線を予約できるサービス「スマートEX」の早特割引ですが、 どうにもサイトの使い方が分かりづらく、予約がしにくいの...

グリーン車広い!快適~!!

グリーン車すごいですね。

座席が広い!僕は肩幅が広いほうなので、窓際の席に座ると窓の物置に腕を乗せることになってしまいますが、僕が胸を広げても十分な広さがあります。スゴイ!

座席同士の間も広いので、快適!フットレストまである。

スゴイ!グリーン車スゴイ!!

快眠のためネックピローを購入

neckpillow

僕はスマホを観たりゲームするとすぐに酔ってしまうので、新幹線の中では眠ろうと思い快眠のためネックピローを買いました。

初めて使ったんですが、思ったよりいいものでした。

ネックピローなしで眠ると首や肩が痛くなってしまいますが、ネックピローが首を支えてくれるので、痛みはありませんでした。

ただ、首を支えられる違和感や見た目の問題はやっぱり気になりますね。

まぁ、他の人の迷惑になるものではないので、これからも活用したいと思います。

京都に到着 いきなり問題発生!

京都に到着~。

まずは、コインロッカーに荷物を預けて自転車を借りようと思ったら・・・

なんと駅のコインロッカーが全部使えない!?

広島サミットの影響でコインロッカーを全部封鎖しているらしい。
これは予想外!どうしようかと彷徨っていると
たまたま封鎖されていないコインロッカーを発見。
運よく荷物を預けることができたので、レンタサイクル屋に向かいました。


あらかじめネットで予約をし、お店でレンタルしました。
レンタル時に、名前、住所、電話番号、宿泊するホテル名の記入を求められました。

さぁて、自転車も借りれたので金閣寺に向かいましょう!

金閣寺(鹿苑寺・ろくおんじ)

レンタサイクルで金閣寺に向かったのですが、結構遠く感じました。

途中上り坂もあり、大変でした。

金閣寺には無料の駐輪場もあって助かりました。

kinnkakuji

金閣寺には外国人や修学旅行生など大勢の観光客がいました。

受付で拝観料400円を払い入場します。

金閣寺(舎利殿)

kinnkakuji

見えてきましたー!スゴイ金ぴかだーーーー!!

天気が良ければ池に金閣寺が写りこんで、逆さ金閣寺が観られるそうなんですが、残念ながら綺麗に映らなかったですねぇ。

kinnkakuji

こんな風に松の木と合わせて撮影すると栄えますねぇ。

龍門滝

ryuutoumonn

こちらが龍門滝(りゅうもんのたき)です。

滝を登り切った鯉は龍になるという中国の登竜門が由来で、出世のご利益があるといわれています。

出世には興味がありませんが、お金は欲しいのでお祈りしておきましょ。

この他にも、樹齢600年以上の松「陸舟の松」などもあります。

世界遺産・金閣寺とは

金閣寺は室町幕府三代将軍・足利義満が造営した寺院です。

一般的には金閣寺と呼ばれていますが、義満法号にちなんで「鹿苑寺」と呼びます。

舎利殿とは、金閣寺にある金色の楼閣のこと。

本来の舎利殿は1950年に焼失してしまったため、復元されたものになります。

公式サイト

・拝観料 400円

・拝観時間 9~17時

・年中無休

・駐車場 1時間400円 駐輪場あり 無料

アクセス 市バス 金閣寺通バス停から徒歩3分

清水寺

金閣寺を見学したあとは清水寺に向かいました。

自転車で約30分。下り坂がありましたが長い時間走ったような感覚でした。

清水寺の周辺には無料の駐輪場がなく、

八坂神社の近く、法観寺の近く、清水寺の近くの駐輪場しかありません。

そこで、清水寺の近くの駐輪場まで行こうとしたところ道が狭い上に交通量も多く、

自転車を引いて歩く必要があったため結構大変でした。

しかも、清水寺の近くの駐輪場は周辺の道もかなり狭い上に観光バスが何台も走っているのでお勧めできません。

ちょっと歩くことになりますが、八坂神社の近くか法観寺の近くの駐輪場や

高台禅寺パーキング(坂本龍馬のお墓の近くの高台寺の駐車場)もおすすめです。

重要文化財・三重塔(さんじゅうのとう)

清水寺の入り口「仁王門」をくぐるとすぐに見えてくるのが「三重塔」です。

sannjyuunotou

平安時代初期に創建され、1632年に再建された塔で、内部に大日如来像を祀っています。

中に入ることはできませんので、外から参拝しましょう。

弁慶の錫杖

bennkienossyakujyou

清水寺本堂の手前にある2つの錫杖。重さはそれぞれ90kgと14kgあり、その重さから弁慶の錫杖と呼ばれています。

持ち上げると夢がかなうといわれており、たくさんの人が持ち上げにチャレンジしていました。

清水寺本堂

kiyomizuderra

清水の舞台高ーーーーーい!!

清水の舞台は4階建てのビルに相当する高さがあります。

飛び降りたらただじゃすみませんね。

出世大黒天

syussedaikokutenn

本殿近くにあるのが出世大黒天です。

めっちゃ色黒の大黒様には五穀豊穣・出世・商売繫盛のご利益があり、多くの人が手を合わせていました。

重要文化財・子安塔(こやすのとう)

koyasunotou

清水の舞台を抜けて二股に分かれている道を登っていくと「子安の塔」があります。

子安の塔は高さ約15mの塔で、内部には子安観音が安置されており、安産祈願の観音様です。

三重塔より森の中に建造されているので、周囲の緑とのコントラストが美しいですね。

子安塔へは、5時以降は入れないので注意が必要です。

音羽の滝

otohanotaki

音羽山から流れてくる清水。

寺名のルーツとされ、長寿の水として信仰されています。

柄杓を使って飲むこともできますし、持ち帰り用に販売もされています(500円)

僕も飲もうかな~と思ったのですが、長蛇の列だったのでやめました。

30人以上はならんでいたかな。

世界遺産・清水寺とは

清水寺は778に夢でお告げを受けた賢心という人が音羽山に草庵を結んだことが始まりとされています。

清少納言の「枕草子」や紫式部の「源氏物語」にも寺院や参拝の様子が描かれていることから、歴史の深さを感じることができますね。

清水の舞台は4階建てのビルに相当し、すべて木造で建築されています。

釘を一切使っていないので、金属による腐敗がなく、168本という膨大な柱で本堂全体を支えています。

拝観時間は6~18時ですが、季節によってはライトアップされた夜の特別拝観もあります。

清水寺の特別拝観(2023年)

3月25日~4月2日

18時点灯予定、21時受付終了

8月14日~16日

18時30分点灯予定、21時受付終了

11月18日~30日

17時30分点灯予定、21時受付終了

公式サイト

アクセス 市バス停 五条坂または清水道から徒歩10分

・拝観料 400円

・特別拝観料 400円

・拝観時間 6~18時 季節によって変動あり

・年中無休

いったんホテルへ

清水寺を見学したあと、ホテルにチェックインするため、コインロッカーに預けてある荷物を取りに行きました。

次の目的地「伏見稲荷大社」が京都駅をはさんで清水寺の反対側にあるので、京都駅のコインロッカーに預けてある荷物を取りにいってホテルにチェックインします。

ボストンキャリーは何とか自転車に乗せることができましたので、ホテルへ向かいチェックイン。

部屋に入り、シャワーを浴びて着替えて伏見稲荷へ。

このとき夕食を食べました。

京都のご当地グルメを食べようかな~と思ったのですが、どこも高そうなのでファミレスにしました。

ホテルの朝食もあるし、今回はグルメは優先順位1位ではないので。

伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)

伏見稲荷大社は拝観時間が決まってない(24時間自由)なのでスケジュールの一番最後にもってきました。

ホテルで着替えをして食事をとっていたら19時過ぎ・・・すっかり暗くなっていました。

伏見稲荷への道は、細い道が多くちょっと迷いそう。交通量こそ少なかったので走りやすかったです。

重要文化財・楼門

roumonn

伏見稲荷大社の入り口にそびえたつのが楼門です。

1589年豊臣秀吉が母・大政所の病気平癒祈願に造営したといわれています。

巨大な鳥居も相まって非常に迫力がありますね。

重要文化財・本殿

honndenn

こちらが本殿です。

1499年に再建されたものです。こちらもライトアップされ美しいです。

こちらが千本鳥居の前にあった鳥居とお稲荷さんなんですが、ライトアップされてないためか、異様な雰囲気を醸し出していますね。

夜の千本鳥居

sennbonntorii

そしてこちらが夜の千本鳥居です。

千本鳥居は祈願と願い事が叶った感謝のしるしとして奉納されたものです。

無数の鳥居が隙間なくびっちりと並んでいるさまはまさに圧巻!

正直・・・・怖い!

まさに異世界への扉!隙間から何か出てくるんじゃないかと本当に怖かった。

しかも山の中腹には、こんな風に小さな鳥居を祀った?場所が・・・・。

一か所や二か所ではなくたくさん・・・。

本当に怖かった・・・。

まぁ、外国人観光客の人が所々にいるので、そこまで不安ってこともなかったのですが、これでいつまで歩いても一人切りだとちびってたかもしれん。

夜の伏見稲荷大社は昼間とは違う美しさがあると思いますが、肝試しが苦手な人は注意してください。

伏見稲荷大社とは

伏見稲荷大社は全国に約3万社ある稲荷神社の総本宮であり、

五穀豊穣、商売繫盛、家内安全、所願成就のご利益がある大社です。

稲荷山山頂にある一ノ岬まで巡礼する「お山巡り」は2時間ほどかかる見込みになっていますので、時間と体力があるときにお越しください。

お稲荷さんとは なぜキツネ?

お稲荷さんとは「稲」つまり稲の豊作を願う神様のことです。

なぜキツネなのかというと、本来はオオカミを神の使いとしていたが、オオカミの数が少なくなり見かけなくなったことからキツネに代わった・・・とされています。

公式サイト

アクセス JR稲荷駅からすぐ

・拝観料、拝観時間なし 

・年中無休

・駐車場、駐輪場あり 無料

・夜の拝観は境内のパフェなどが利用できないので注意

ここでホテルに向かいました。

「オリエンタルホテル京都 六条」レビュー 和風と洋風が融合したおしゃれホテル! こんばんは、蜜柑です。 2泊3日で京都に一人旅に行ってきました。 1日目の宿泊地がここオリエンタルホテル京都です。 ...

一日目は無事終了

というわけで、一日目は無事終了しました。

今回は移動手段としてレンタサイクルを採用しました。

最初の10分ぐらいはふらふらしてしまったのですが、体が覚えていたのかすぐに慣れ、移動は思ったより快適でした。

ただ、やっぱり30分とか走ってるのは大変です。

移動時間なげー・・・と何回か思いました。

この後、お風呂に入り就寝。朝食を食べて2日目となるんですが、

二日目がまぁーーー大変でした。

それはまた別の記事で。

ここまで読んでくださってありあがとうございました。

このサイトでは、初めてでも一人旅を楽しめるよう様々な情報を発信しています。

一人旅してみたい!一人旅をもっと楽しみたい!!という方はぜひチェックしてください。


この記事が面白い!役に立つ!と思ったらクリックをお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA