おすすめホテル紹介 PR

「オリエンタルホテル京都 六条」レビュー 和風と洋風が融合したおしゃれホテル!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんばんは、蜜柑です。

2泊3日で京都に一人旅に行ってきました。

1日目の宿泊地がここオリエンタルホテル京都です。

「京都一人旅」レンタサイクルで巡る京都の旅 金閣寺から清水寺へ 夜の伏見稲荷大社に行く  皆さん今晩は、蜜柑です。 京都に一人旅に行ってきました。 日程は2泊3日。 今回はレンタサイクルを借りて、京都の街を...

オリエンタルホテル京都とは

オリエンタルホテル京都は、京都市下京区に位置する魅力的なホテルで、「茶庭」文化をテーマにしたデザインが特徴です。

茶室へ続く「露地」をイメージしたロビーラウンジや、京都の伝統文化を感じられる佇まいが魅力です。

オリエンタルホテル京都へのアクセス

京都市営地下鉄烏丸線五条駅4番出口から徒歩9分

京都駅から徒歩も可能だと思いますが、結構大変だと思います。

駐車場がないので、周辺の有料駐車場に停めることになります。

オリエンタルホテル京都の客室

和洋室を含む166室。全室にバス・トイレ、冷暖房、テレビ、無線LANが完備されています。デラックスキングルームなどもあり、快適に過ごせる設備が整っています。

オリエンタルホテル京都の特色とサービス

茶庭の演出: ロビーラウンジには茶室へ続く「露地」をテーマとした空間が広がり、京都らしい雰囲気を堪能できます​。

毎月6のつく日には呈茶のサービスがあり、オリジナルの「瞑想飴」や瞑想用の音源を利用した「ひと粒の禅」プログラムも提供されています。

楽天トラベルの公式ページ→https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/177076/177076.html

オリエンタルホテル京都 六条

一通り見学したのでホテルへ帰ります。

今回の宿は「オリエンタルホテル京都 六条」です。

Oriental Hotel Kyoto

おしゃれな外見でしょう!

内装もスゴイおしゃれでした!

オリエンタルホテル京都 六条の朝食会場

オリエンタルホテル京都 六条のロビー

こんな感じで和風のテイストが協調された大変おしゃれな内装でした。

オリエンタルホテル京都の部屋

Oriental Hotel Kyoto
Room

宿泊した部屋がこちら。

半和室というか、和室の雰囲気の洋室といったかんじですね。

おそらく外国人の方が和室の雰囲気を楽しみながらも、泊まりやすい部屋というコンセプトではないでしょうか。

大型のソファもあり、家族でもくつろぐことができます。

入口のすぐ横には、館内着と金庫、小型の冷蔵庫があります。

テレビの横のボックスには、ポットやドライヤー、お茶などが入っていました。

僕が一番スゲーと思ったのがこのホテル。テレビでYouTubeや動画配信サービスが観れるってことですね!

androidならミラーリンク機能もあるので、非常に便利でした。

※有料の動画配信サービスはログイン(会員登録)が必要なので無料で見れるというわけではない。

オリエンタルホテル京都のバスルーム

Oriental Hotel Kyoto
Bathroom

バスルームも非常におしゃれ!浴槽も大きいのでリラックスできました。

トイレはもちろんウォシュレット付き。

気になったこと

このホテルで気になったことなんですが、椅子がないので食事をしようと思うと、このテーブルの上にのせるしかないことなんですよね。

座って食べるには高すぎるし、立って食べるには低すぎる。

ちょっと使いにくいなぁと思いました。

オリエンタルホテル京都の朝食

こちらがオリエンタルホテル京都の朝食ビュッフェです。

とても美味でした。

お出汁と西京焼きを使ってだし茶漬け。

どら焼きの皮とモナカの皮を使ってオリジナルのデザートを作るといったこともできました。

朝食はとっても美味しかったのですが、もうちょっと種類があるといいなぁと思いました。

楽天トラベルの公式ページ→https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/177076/177076.html

オリエンタルホテル京都の評価

・京都のど真ん中にあり、観光に便利

・雰囲気が非常におしゃれで部屋も広い

・テレビでYouTubeなどの動画配信サービス楽しめる

・朝食の種類がちょっと少ない

・近くにコンビニや薬局、スーパーなどがない(飲食店も少ない)

・デスクがないので、パソコンなどが使いにくい(ビジネス向けではない)

といった感じですかね。

とにかくびっくりするほどおしゃれなホテルでした。

ただ、コンセプト的に日本人観光客向けというより、外国人観光客向けかな?と思いました。

それでも、日本人の方が宿泊しても十分楽しめるホテルだと思います。

機会があれば、ぜひ宿泊してみてください。

楽天トラベルの公式ページ→https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/177076/177076.html

この記事が面白い!役に立つ!と思ったらクリックをお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA