一人旅のやり方

具体的な旅行スケジュールの決め方 スケジュールをまとめるコツは「選択肢を減らす」こと

皆さんこんばんは、蜜柑です。

本記事ではスケジュールの決め方、調整の仕方などを解説したいと思います。

「スケジュールを決めるの大変そう・・・」という方には旅行会社があらかじめ用意してくれたプランを利用する手もあります。

一人旅のプラン3種類を紹介 あなたにあった一人旅プランを考えよう旅行のスケジュールを組めない、組むのが苦手という人のために。 あらかじめ旅行会社が組んでくれたプランを利用するのはどうでしょうか?...

スケジュールを決めよう

ホテルのチェックイン時間とチェックアウト時間について

まずは、ホテルのチェックイン時間とチェックアウト時間を確認してください。

ホテルを予約するとき「チェックイン時間」と「チェックアウト時間」を設定していると思います。

チェックイン時間とはホテルで受付をして部屋に入ることが出来る時間。

チェックアウト時間はホテルの部屋を出て清算を済ませないといけない時間。

だと覚えておいてください。

チェックインとチェックアウトは決めた時間からずれても大丈夫?

チェックイン時間は過ぎてしまっても大丈夫です。

が、ホテルはチェックイン時間までに清掃作業をするのでチェックイン時間より早くホテルに行ってしまうと部屋に入れません。

(ホテルの作業状況によるけど)

荷物を預けることはできるので「今日予約した○○です。荷物預かってください」と言えば預かってくれます。

チェックアウト時間は厳守してください。

ホテルや宿泊プランによって決まっているので、その時間までに清算をしてホテルから出ましょう。

(午前10時~11時ぐらいが多いかな)

ホテルによってはその日の24時を過ぎてもチェックインしない場合、キャンセル料100%支払いが発生しますという決まりがあるところもあります。

僕はチェックイン時間は15時、チェックアウト時間は11時にしています。

チェックイン時間に迷ったらお昼過ぎぐらいで大丈夫です。

キャンセル料とは

予約日の前日など急なキャンセルをした場合、キャンセル料が発生する場合があります。

特に当日のドタキャンはキャンセル料100%(宿泊費全額)の支払いをしなければならないので必ず宿泊しましょう。

ただし、台風や大雪など仕方のない場合はキャンセル料が発生しない場合もあります。

 

サイトで予約すると確認番号や確認メールが届くと思うので

スマホで写真を撮っておくなど必ず控えておきましょう。

 

スケジュールを決めよう

予約が完了したらスケジュールを決めましょう。

電車に乗る時間をどうするか?

山手線や地下鉄など電車の本数が多い場合は、時間を決めない方が楽だと思います。

もちろん飛行機や新幹線を使う場合は時間厳守です。

僕はのりかえ案内サイトなどで「のりかえ時間は15分」以下だと余裕がない感じがします。実際にはもっと時間がかかると思っておいたほうがいいです。

ガイドブックや電車乗り換えアプリの「予測時間」はアテにしちゃダメ。乗り換え時間や予測時間はアテに出来ません。 その土地になれた人なら間に合うと思いますが、実際に旅行にいくならもっと時間を取りましょう。...

 

具体的なスケジュールの決め方

まずは、目的地の営業時間に合わせて何時に到着したいのか?を決めます。

例えば、

午前中に一か所、午後に一か所、見学したい。

各目的地は1時間ぐらい見て回るとします。

一か所目のスケジュールを考える

午前中の一か所目が10時から営業開始だとして、10時には目的地に着きたい。

目的地の最寄り駅からタクシーで10分かかるとしたら、9時50分には最寄り駅に到着している必要があります。

自宅から最寄り駅まで乗り換え検索サイトやアプリを利用して交通手段の確認をします。

自宅から目的地まで、3時間(移動時間や電車の待ち時間等も含めて)かかるとしたら、

朝7時には家を出ることになります。

で、移動先で荷物を預けたいので、ホテルに立ち寄るか駅のコインロッカーに預けます。

これで恐らく10時から10時30分までには、目的地に付けます。

とりあえず、午前中の一か所目までのスケジュールが決定しました。

 

2か所目のスケジュールを考える

一か所目を1時間見学するとして、11時30分と仮定しましょう。

2か所目に行く前にお昼ご飯を食べたいですね。

ガイドブックに載ってるレストランがよさそうです。

このレストランは1か所目のすぐそばにあるので、11時30分から12時30分お昼の時間に取りましょう。

一か所目から二か所目には、バスで移動するとします。

バス会社の公式ホームページからバスの時間を調べて、12時30分前後の時間を控えておきます。

前後の時間を控えておけば、予定が早まっても対応できます。

仮に12時40分のバスに乗って、20分で2か所目に到着しました。

2か所目は午後1時から1時間とって2時に見学終了。

時間が空いてしまったら

夕食を午後7時ぐらいに設定したとして、2か所目から夕食の時間まで約5時間開いてしまいましたね。

もう一か所、観光スポットを回れそうです。

もしくは、街中へ行きショッピングを楽しむもよし。

ホテルに行ってゆっくり休むもよし。

旅行に来たからって、普段と同じことをしちゃいけないってことはありません。

ショッピングに行けば、意外と掘り出し物があるかもしれませんし、駅のお土産屋さんを回るのもいいですね。

夕食を食べたら、ホテルに戻りましょう。

チェックインをして、部屋で休みます。大浴場に行くのもいいですし、近くに何かスポットがあればそこまで散歩するのもいいですね。

興味がわいたところに行くために「自由時間」を作るのもいいかもしれません。

翌日以降のスケジュールは、ホテルから観光地もしくは、帰りの駅の時間を調べて、間に合うように設定すればOKです。

2日目以降に観光して、そのまま帰る場合、荷物を預ける場所を調べておく必要があります。チェックアウトしてしまったらホテルは預かってくれませんから。

いっそ、配送で自宅まで送ってしまうのもいいかもしれません。

 

時間設定のコツ

何時にどう移動するとか、ここに何時間滞在するなど時間設定のコツですが、

ガッチリ決める時間と、ゆるく決める時間を分けておくと調整がしやすくなります。

例えば、電車や飛行機などは、予約をすると時間がきっちり決定されるのであとから時間を変更することが出来なくなります。

反面、夕食の時間などは(限界もありますが)1時間や2時間ずれても問題ありません。

地下鉄など本数の多い移動手段は、あえて時間を決めない方がいいと思います。

ガッチリ決める時間とゆるく決める時間を分けると調整しやすい

実際にスケジュールを決めてみよう

例えば僕なら前回の東京スカイツリーを目的地とした場合

名古屋→のぞみ310号9時34分発→品川→泉岳寺→浅草→ホテル荷物預け→押上→スカイツリー

品川からは時間を決めません。

浅草によらなければ12時にはスカイツリーにつくルートなので、12時45分ぐらいにはスカイツリーについているでしょう。

帰りの新幹線は12時30分から1時くらいのを予約しておきます。

11時前にホテルをチェックアウトしてお昼を食べて

ちょっとお土産をみてちょうどいい時間ですね。

 

選択肢を減らすことが大切

というわけで、スケジュールの組み立て方を解説しました。

一見すると難しいですが、新幹線や飛行機、営業時間など変更できない時間を中心に考えるとうまくまとまります。

一人旅とは言え、全部自由!としてしまうと選択肢が多くなりすぎてまとまりません。

余裕をもって時間設定をかんがえてみてください。

ここまで読んでくださってありがとうございました。